GoProを使ってみよう【2019年版】

今回の記事では、より実践的にゴープロの使い方を紹介していきます。是非、この記事を読んで最新のゴープロの使い方をマスターしていってください。ゴープロがどんなカメラなのか、まだよく分からないという方は前回の記事「GoProってどんなカメラ?」で紹介してありますので、こちらも併せてご覧ください。

 

 

事前準備


ゴープロの操作を始める前に、必要な事前準備について確認しておきましょう。

ひとまず以下の4つのポイントを抑えておくと安心です

 

ポイント① GoProの充電

当たり前のことではありますが、充電を満タンにしておきましょう。

 

ポイント② microSDカードの用意

ゴープロでの利用にはスピードクラスがClass10以上のmicroSDカードが必要です。メーカーホームページなどを参考に、GoProに対応したmicroSDカードを準備しましょう。

 

ポイント③ マウントの用意

ゴープロの撮影は、一般的に「マウント」と呼ばれるオプション品にカメラを固定して行います。マウントについては次の「GoProの設置」の項で詳しく説明していきます。

 

ポイント④ スマホアプリのダウンロード

スマホアプリは、自撮り時のカメラの遠隔操作や、撮影データをスマートフォンに取り込む時に使用します。必須ではありませんが、あると便利なので確認しておきましょう。詳しくは、「スマホと連携させよう」の項で説明していきます。

 

 

GoProの設置


 

マウントの用意

ゴープロは、手持ちでの撮影にはあまり向いていません。

では、どのように撮影するかというと、「マウント」と呼ばれる、カメラを固定するオプション品にゴープロを装着して使用します。

マウントには様々な種類があり、手に持って撮影するための自撮り棒や、乗り物や体に装着するためのものなど、撮影の用途によって使い分けることができます。

 

上の写真は「3WAYの自撮り棒」で、一般的に最も多く使われているマウントの一つです。旅行や街歩きの時に、手持ちで撮影したい場合に使用します。

これ一つで、カメラアーム、カメラグリップ、簡易三脚として使用できる優れもので、一つ持っておいて損はないお勧めのアイテムです。

 

このように、まずは目的に合ったマウントを用意しましょう。

 

マウントへの装着

マウントが用意出来たら、そこにゴープロを取り付けます。取り付け自体はとても簡単なので、一度覚えればすぐにできると思います。

 

①まず付属の「ザ・フレーム」と呼ばれるカメラフレームか、「防水ハウジング」などのハウジングにゴープロを装着します。

 

 

 

②続いてマウントの種類によって異なりますが、ネジで止めるか、スライドしてはめ込むかの方法でマウントに取り付けます。

 

 

マウントへの取り付けはこれで完了です。

続いてカメラ本体の操作に移っていきましょう!

 

 

GoProの操作


 

ゴープロの操作は「電源&モードボタン」「シャッターボタン」の2つのボタンと、「タッチディスプレイ」の3ヵ所のみで行うシンプルな設計です。ディスプレイもスマホと同じような感覚で操作ができるので、すぐに操作に慣れると思います。

 

開封したての端末では、初期設定が必要なので済ませてしまいましょう。

電源ボタン長押しで電源を入れると、初期設定画面に移行します。初期設定自体はすぐに済む内容です。

 

 

モード選択

初期設定が済んだらすぐに撮影可能な状態になります。早速撮影モードを選択して撮影してみましょう。

 

最新のGoPro HERO7では、下記3つの撮影モードから選択することができます。

HERO7で選べる3つのモード

・ビデオモード(ビデオ、ループ)

・写真モード(連写、ナイトフォト)

・タイムラプスモード(タイムラプスビデオ、タイムラプスフォト、ナイトラプスフォト、タイムワープ機能※HERO7 Blackのみ搭載)

 

モードの切り替えは「電源&モードボタン」を一度押しするか、ディスプレイ上のモードボタンを押す(又はディスプレイを横にスワイプする)方法で切り替えることができます。

 

 

撮影

希望モードを選択したら撮影に移ります。

撮影自体はカメラ上部のシャッターボタン🔴を押すことで撮影できます。

 

 

 

撮影したデータを確認するためには、ディスプレイを画面下から上にスワイプすることでプレビュー画面を表示できます。左上のマス目ボタンを押すと、撮影データを一覧表示できます。

 

 

 

ディスプレイを画面上から下にスワイプすると設定画面が表示されます。

 

 

 

その他、ディスプレイに表示されている4つのボタンで撮影関連の設定を簡単に変更できるようになっています。ズームやセルフタイマー、録画画質の変更などのよく使う機能はここから設定することができます。

 

 

基本的なゴープロの操作は以上になります。操作自体は比較的にシンプルで直感的に行えるものなのですぐに使いこなせるようになると思います。

 

続いてこれらの操作を遠隔で簡単に行えるようになる、スマートフォンアプリについて紹介します。

 

スマートフォンアプリとの連携


 

ゴープロはスマートフォンアプリ「GoPro」と連携することで、スマートフォンでライブビューを確認しながら遠隔操作が出来るようになります。

 

これにより、カメラから離れたところでもシャッターが切れるほか、自撮りの時にもライブビューを確認しながら撮影が行えます。

もちろん、撮影に関する設定などもアプリから行うことができます。

 

またアプリを利用すれば、撮影したデータを簡単にスマホに転送することができるため、写真をSNSでシェアする時やスマホにデータを保存しておきたい場合は、まず「GoPro」アプリとの連携を試してみましょう。

 

※「GoPro」アプリをインストールする際はWi-Fi環境が必要になる場合があります。事前に自宅など、Wi-Fiのある環境でアプリのインストールを済ませておきましょう。

 

まとめ


 

ここまで簡単にではありますが、GoProを初めて使う方向けにゴープロの使い方を紹介してきました。

GoProの最新モデル「HERO7」から、操作性や撮影に関する機能が一段と進化したため、アクションカメラを初めて使う方でも扱いやすくなっています。

是非、最新のGoProを手に取って外に出かけてみましょう。最高の体験が待っているはずです。

 

次回、「GoProを扱う上で知っていると役に立つポイント」について記事をUP予定。
こうご期待!