撮影モードについて【初心者編】

今回は写真撮影の第一歩!撮影モードについてお届けします。モードがたくさんありすぎてよく分からない。とりあえずオートで撮影しているという初心者さんは必見です。撮影モードについて理解するだけでカメラがもっと楽しくなりますよ。

 

基本のモードは5つ


一眼カメラには撮影時に選択できるモードが5つあります。

「Auto」 全自動オート

「P」 プログラムオート

「A」 絞り優先モード

「S」 シャッタースピード優先モード

「M」 マニュアルモード

 

これら5つです。
他にも色々あるじゃないか!と思ったあなた。

そのとおりで、これら基本のモードの他にも、カメラの機種によってさまざまなモードが搭載されています。ただ、ここでは割愛させて頂き基本のモードについて説明していこうと思います。

 

なぜかというと基本以外のモードは機種によって異なりますし、純粋に写真を撮るうえでは使わない事がほとんどなのです。とはいえ、「フィルター」や、「シーン」など便利で楽しめる機能もあるので、慣れてきたら挑戦してみるのも良いかと思います。

 

そして、ここまでですでに「絞り」「シャッタースピード」ってなに?
よく分からない!というあなた。

 

前の記事「カメラを楽しむために覚えるべき5つの用語」で解説しておりますので、参考にしていただければ幸いです...

 

モード紹介


Auto(全自動オート)

その名の通り、カメラがすべての設定を自動的に決めて撮影します。

もっとも簡単に撮影できるうえ、近年のカメラ性能の高まりにより、そこそこ良い写真が撮れます。これだけでも一眼レフならではの写真を撮ることはできますが、より表現の幅を広げるならここから離れる必要があります。オートに頼っているとそのうち飽きちゃうんですよね...脱オート!

 

Pモード(プログラムオート)

適正露出となるように、絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。

ただし、露出(明るさ)を一定にしたまま絞り値とシャッタースピードの組み合わせを自由に変えることができます。その他、フラッシュの有無・ISO・ホワイトバランスなども撮影者が指定することができるため、表現の幅が広がったオートモードと言えます。

 

Sモード(シャッター優先オート)

シャッタースピードを指定して撮影することができます。

絞り値はカメラが判断します。動いている被写体を撮るときや、モノの流れを表現したいときに便利なモードです。

 

Aモード(絞り優先オート)

絞り値を指定して撮影することができます。

シャッタースピードはカメラが判断します。被写体の背景をぼかしたいときや、風景の撮影で全体をシャープに写したいときなどに便利なモードです。

 

Mモード(マニュアル)

全ての設定を撮影者が決定します。

写真の表現の幅は最も広がるモードといえます。しかし、絞り値やシャッタースピードの組み合わせなどを誤ると、残念な写真になってしまうため、ある程度操作に慣れておく必要があります。花火や星空の撮影など、マニュアルモードでないと撮影が難しい場合もあります。

 

 

初心者さんにオススメしたいAモード


どのモードがオススメなのか、様々な意見があると思いますがここではA(絞り優先)モードをオススメしたいと思います。

 

一眼らしい写真といえば、ボケ感のある写真を思い浮かべる方も多いと思います。写真のボケ具合は絞りの大きさで決まるため、まずここを指定して撮影してみることで、絞り値とボケ感の関係性を実感でき、一眼の楽しさを味わえるのではないでしょうか。

 

ちなみに絞り(F値)は、数字が小さいほど背景のボケが大きくなり、数字が大きいほどボケの少ないシャープな写真になります。ボケ感を出したい場合はF値を出来るだけ小さくして撮影してみましょう!

 

 

被写体によっては使ってみたいSモード


シャッタースピードをコントロールすることで、被写体の動きを表現したり、動いている被写体をぶれなく撮影することができます。

 

〇シャッタースピードを遅くする

水の流れを表現したり、暗い場所で撮影をする場合はシャッタースピードを遅くして撮影するのが有効です。水の流れを表現したい場合は1秒以上に設定するとうまく撮影できます。

 

ただしシャッタースピードを遅くすると、手振れが発生しやすくなるので注意が必要です。手振れを防ぐには、三脚を使うか、なければテーブルの上において撮影するなどの対策が必要です。

 

 

〇シャッタースピードを速くする

動きの速い被写体を撮影したり、水しぶきをとらえたい場合などではシャッタースピードを速くして撮影します。一般的なシーンでは、1/1000秒未満のシャッタースピードに設定するとぶれなく撮影ができます。

 

ただしシャッタースピードを速くしすぎると、写真が暗くなってしまう場合があります。光を取り込む時間が短くなるためです。環境によっては、過度なシャッタースピードの変更には気を付ける必要があります。

 

 

まとめ


〇ボケを調整したいときのA(絞り優先)モード

〇動きを表現したい、被写体が動いているときのS(シャッタースピード優先)モード

〇上達への近道M(マニュアル)モード

少しカメラの扱いに慣れてきたら積極的にマニュアルモードに触れてみることが、写真の上達への最も近道だと思います。シャッタースピード、絞り、ISO感度、ホワイトバランスなどを少しずついじりながら、写真への影響を確認してみてください。きっとカメラの楽しさに気づくことでしょう。