初心者向けカメラの選び方【一眼レフとミラーレス一眼について】

一眼レフ or ミラーレス一眼


まず初めに、「一眼レフ」「ミラーレス一眼」どちらを選べばいいのか。

何が違うのかもよくわからないというカメラ初心者の方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、この2つのカメラの違いと、その中からカメラを選ぶうえで参考にして頂きたいポイントについて分かりやすく解説していきたいと思います。

どちらのカメラも利点・欠点が存在するので、どちらのカメラが良いのか、答えは一概に言えませんが、「目的」と「何を重視するか」で自分に合っているカメラを選ぶとよいでしょう。

 

 

「一眼レフ」と「ミラーレス一眼」の違い


まず、「一眼レフ」と「ミラーレス一眼」この2つのカメラの違いについてですが、簡単に言うと、レンズに入ってきた映像(光)をどんな仕組みで撮影者が確認できる状態にするのか。この仕組みが違います。

 

仕組みの違いについては、この後「ミラーの有無とファインダーの構造の違い」で詳しく説明していきますが、難しそうであれば飛ばしても大丈夫です。(笑)

 

そしてこの仕組みの違いによって、カメラの重さや大きさ、電池持ちなどの特徴が変わってきます。これらの特徴を生かしてそれぞれ違った進化を遂げているため、カメラを選ぶ上ではこの点をチェックすることが大切です。各カメラの特徴を把握して、カメラ選びに役立てましょう。

 

 

【ミラーレス一眼カメラ】

ここが長所!
・デザイン&カラバリが豊富
・小型&軽量で持ち運び楽チン
・一眼レフと同等の画質
・フィルター機能やシーンモードなどが豊富

ここが短所!
・ライブビュー撮影で手振れが起きやすい
・レンズの種類がまだ少ない
・シャッターを押してからタイムラグがある
・常に液晶が点灯するため電池持ちが悪い

 

【一眼レフカメラ】

ここが長所!
・レンズの種類が非常に豊富
・動きの速い被写体にもピントを合わせやすい
・操作性に優れており取扱で優位

ここが短所!
・大きくて重いため持ち歩きづらい
・デザインやカラバリの種類が少ない
・多彩な設定ができるため慣れるまで複雑に感じる

 

 

ミラーの有無とファインダーの構造の違い


【一眼レフカメラ】

一眼レフカメラは、カメラの中にある鏡(レフ)に、レンズが捉えた景色を反射させ、「光学ファインダー」を通してその景色を見ます。リアルタイムに景色を見ながら撮影できるため、撮りたい!と思った瞬間にシャッターを切ることができます。

 

【ミラーレス一眼カメラ】

一方のミラーレスカメラの場合、ミラーがない代わりに、レンズが捉えた景色を映像に変換し、それを「電子ビューファインダー」や「液晶モニター」に映します。 これのメリットは、明るさや色味などを撮影前に確認することができることです。撮ってみたら思わぬ写真になっていた、という状況を避けることができます。

 

「旅行に持っていく」「オシャレ好きのいまどき女子」にはミラーレス一眼がオススメ!!


本格的なカメラを使って撮影に出かけたい。プロになりたいということでなければ、軽くて小型のミラーレス一眼をオススメします。

 

最近では女性でも気軽に使えるようなオシャレで、操作の分かりやすい機種が増えており、従来のごつくて操作が分かりにくいという一眼のイメージは無くなりつつあります。また、持ち歩くことを考えた場合、明らかにミラーレス一眼の方が小さくて軽いのでオススメだと言えます。

近年ミラーレス一眼の分野では、女性向けのカメラの開発も進んでおり、簡単に自撮りができる機種や、フィルターが多彩な機種、肌を美肌加工してくれる機種など、女子が喜ぶ機能の発達も魅力の一つだと思います。

 

では、画質などを含む写真の質という点ではどうなのでしょうか。 答えは、ほとんど変わらないと言えます。

 

後ほど詳しく説明しますが、写真の画質を決めるうえで最も影響が大きい要素は「イメージセンサーサイズ」です。このイメージセンサーサイズが大きいほど、一般的に画質はよくなります。

ミラーレス一眼では、一眼レフカメラと同等のサイズか一回り小さいサイズのイメージセンサーを搭載していますが、これはiPhone10に搭載されているイメージセンサーと比べると、十数倍の大きさです。画質という点において一眼レフとミラーレス一眼ではほとんど変わらないと言えます。

 

カメラを選ぼう!まずはメーカーから!


一眼レフカメラ

一眼レフといえば言わずと知れた2大メーカーの「キャノン」・「ニコン」が挙げられます。

その他にもペンタックス(現在はリコー傘下)・ソニーなどのメーカーがありますが、近年では95%近いシェア率をキャノンとニコンで独占しています。この2大メーカーを選べば間違いないでしょう。

 

【キャノンの特徴】

・色彩が理想の色合いで表現される
・人物写真に向いている(と言われている)
・初心者向けのラインがある

 

【ニコンの特徴】

・色彩が見たままの色合いで表現される
・風景写真に向いている(と言われている)
・マニア好みのカメラ

 

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼部門では、キャノン・ニコンの2大メーカーの他にソニー・オリンパス・パナソニック・ペンタックス・富士フィルムの5メーカーがカメラを作っています。

その中でも「オリンパス」はデザイン性の高さ、使いやすさから女性の人気も高く、ミラーレス部門でここ数年シェア率トップを守っています。

常に最先端技術で先を行く「ソニー」は高いカメラ性能とコストパフォーマンスに定評があります。

「パナソニック」は一般向けに対象を絞ることで操作が非常に扱いやすく、レンズをドイツの超有名カメラメーカー「ライカ」と共同開発していることが最大の強みです。

最も根本的な性能
「イメージセンサーサイズ」を気にしよう!


カメラの性能を比較したくても、「いろいろな項目があってよく分からない!」という人が多いのではないでしょうか。そこでまず、最も根本的な性能である「イメージセンサーサイズ」を確認してみましょう。

写真の画質を決めるうえで最も影響が大きい要素は「イメージセンサーサイズ」の大きさで、一般的にセンサーサイズが大きいほど画質はよくなります。
しかし当然、センサーサイズが大きい機種ほど値段が高くなります。残念ながら。。。

※イメージセンサーは絵画でいうところのキャンバス!キャンバスが豆粒みたいに小さかったら、細かいところまで描けないですよね?キャンバスが大きければ細かいところまでたくさん描けます。

 

ミラーレス一眼で多く使われているのは「マイクロフォーサーズ」か、一回り大きい「APS-C」と呼ばれるサイズで、より上位の機種になると「フルサイズ」の物もあります。

一眼レフでは標準的に搭載されているのが「APS-C」で上位の機種になると「フルサイズ」の物も多く存在します。

「マイクロフォーサーズ」以上のサイズがあれば、問題なくきれいな写真が撮れますがお財布と相談しつつ、より大きいセンサーサイズの機種を選びたいところです。

 

好きなデザインを選ぼう!


重要点だけ抑えたら、あとは結局好みです!

毎日持ち歩きたくなるような、そんなデザインのカメラを第一印象で選ぶのもありだと思います。

最近ではアクセサリー的要素でも取り入れられているカメラ。センスをアピールするのも大事だよね?

 

もっと詳しく、カメラの選び方について知りたいという方は
「カメラを選ぶときに参考にしたい項目」をまた別の記事でUP予定です!